三条市立大学

三条市立大学

和田 浩志 教授

HOME > 研究 > 研究情報 > 教員情報 > 和田 浩志 教授

和田 浩志 教授

研究分野

有機化学、高分子化学、技術経営、知財戦略

学位

博士 (工学)

経歴

民間企業(AGC株式会社)にて、主に自動車・建材向けの新規高分子商品 (特にポリウレタン樹脂) 原料の合成、生産技術、製品の成形加工方法、機能発現メカニズムの解明、などの研究開発を手掛けてきた。
2022年4月より現職。

所属学会

日本化学会、高分子学会

受賞歴

  • The 42nd annual Polyurethanes Technical Conference, Alliance for the Polyurethanes Industry of the American Chemistry Council. The Best Paper Award:‟New Generation Preminol for Dynamically Comfortable Automotive Seating Foams”, Orlando, Florida, U.S.A., (1999.9)
  • The 61st annual Polyurethanes Technical Conference, The Center for the Polyurethanes Industry of the American Chemistry Council. The Best Paper Award:‟A Newly Developed Polyol with Low Mono-ol Content for Flexible Polyurethane Foams”, Atlanta, Georgia, U.S.A., ( 2018.10)

 

論文発表・掲載情報

論文

  • Methylation of inorganic arsenic by arsenic-tolerant freshwater algae, Applied Organometallic Chemistry, 1987,1(5),pp.465-472. (共著)
  • 超高純度・高分子量ポリエーテルポリオールの開発と応用展開,2004,日本接着学会誌,40(6),pp.270-274.
  • Automotive Seating Foams with Excellent Riding Comfort Prepared by A Novel Polypropylene Glycol, Polymer Journal,2008, 40(9), pp.842-845. (共著)
  • 新規ポリプロピレングリコール/芳香族ジアミンを用いたポリウレタンウレアRIMエラストマーの相構造と物性,2009,日本ゴム協会誌,82(3),pp.105-111.(共著)
  • All Water Blown Integral Skin Foam Prepared by Novel polypropylene Glycols,2009,Journal of Cellular Plastics,45(7), pp.293-302.(共著)
  • ポリエーテルポリオールの特性と応用,2011,接着の技術,31(1),pp.23-28. “
  • Polyurethane Damping Material,2014, Journal of Elastomers and Plastics,47(6), pp.515- 522.(共著)
  • 建築/土木分野におけるポリウレタンの最近の進歩,ネットワークポリマー,2018,39(1)pp.41-47,(共著)

著書

  • ポリウレタンの化学と最新応用技術, ㈱シーエムシー出版,2011, pp.112-125.(共著) “
  • 架橋の反応・構造制と分析事例集, ㈱技術情報協会,2012, pp.649- 656.(共著)
  • これからの蓄・省エネルギー材料の開発における機能性付与技術 ㈱技術情報協会,2012,pp.656-661.
  • 需要拡大するポリウレタンの技術と市場,㈱シーエムシー出版,2014,pp.12-25.(共著)
  • 機能性ポリウレタンの最新技術, ㈱シーエムシー出版,2015, pp.3- 11.(共著)
  • 機能性ポリウレタンの進化と展望, ㈱シーエムシー出版,2018, pp.1-11.(共著)
  • ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術(株)R&D支援センター,2020.pp.167- 173.(共著)

 

学会発表

  • Novel Polyether Polyols for High Performance Rigid Polyurethane Foams, Polyurethanes 2008 Technical Conference, (San Antonio, Texas, U.S.A.), (2008.9.28-30),共同(主担当)

  • High Performance Modified Polyols with Fluorination Technologies for All Water-Blown Rigid Polyurethane Foams Polyurethanes 2009 Technical Conference,(National Harbor, Maryland, U.S.A.(2009.10.5-7),共同(副担当)

  • A Newly Developed Polyol with Low Mono-ol Content for Flexible Polyurethane Foams, Polyurethanes 2018 Technical Conference, (Atlanta Marriott Marquis, Atlanta, Georgia, USA.), 共同(副担当)

 

担当授業等

基礎有機化学、プロジェクト演習Ⅲ、プロジェクト演習Ⅳ、産学連携実習Ⅰ、産学連携実習Ⅱ、工学実験、機器分析学基礎、高分子材料工学、商品企画プロジェクト演習、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ

研究室

機能創生化学研究室

化学は幅広い分野で必要とされている学問ですが、裾野が広いために社会への貢献度をひと言で説明することは難しいです。一方で、青色LEDやリチウムイオン電池のように、我々の生活環境を大幅に向上させる製品に対する化学の寄与率は極めて大きいです。しかしながら、最近では、化学の力だけでは解決できない課題も多く、課題解決のためには、物理学や医学、生理学のような異分野との融合や、得られた成果の社会実装(得られた研究成果を社会問題解決のために応用、展開すること)が求められています。本研究室では、社会的に要望の強い環境負荷低減と製品付加価値の向上を両立させた材料の複合化を、異分野研究者や民間企業各社の技術者と積極的にコンソーシアムを組んで活動し、社会の課題解決に貢献したいと考えています。