三条市立大学

三条市立大学

奨学金

HOME > 学生生活・就職支援 > 学費・奨学金 > 奨学金

奨学金

本学で受けることができる経済支援制度は、以下のとおりです。本学独自の給付奨学金のほか、高等教育の修学支援新制度や日本学生支援機構奨学金、その他外部団体による支援制度などがあります。

 

1 本学独自の給付型奨学金制度(返還不要)

地元企業の皆さまの善意による本学独自の給付型奨学金制度(返還不要)をご紹介します。
もちろん、令和4年度入試において本学を受験される皆さんも対象となります。
以下のほか、本学の学生を対象として他機関が選考する給付型奨学金(返還不要)への応募枠を準備中です。決定次第、情報を随時追加していきます。

三条市立大学はあなたの4年間の学びを応援します。

本学独自の給付型奨学金(令和4年度入学生の場合)

 
1年次
5.7人に1人相当
2年次
5.7人に1人相当
3年次
4.5人に1人相当
4年次
4.5人に1人相当
給付額(人/年)人数給付額(人/年)人数給付額(人/年)人数給付額(人/年)人数
高波龍風奨学金480,000円 ※110480,000円10480,000円10480,000円10
高儀スカラシップ480,000円※14480,000円4480,000円4480,000円4
スノーピーク
フォローシップ
480,000円4480,000円4

※1 R4年度一般選抜前期日程合格者のうち、成績優秀者を奨学生として、合格発表時に認定します。
   2年次以降は前年度の成績等により給付者を選考します。

 

2 高等教育の修学支援新制度

 本制度は、「授業料・入学金の免除又は減額(授業料等減免)」及び「給付型奨学金の支給」の2つの支援により、経済的理由で修学の継続を断念せず、大学で安心して学んでいただくためのものです。一定の家計基準及び学力基準を満たす場合、所定の手続きを行い、支援を受けることができます。

 この制度による支援を受けるためには、日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金に申請し、採用される必要があります。採用された支援区分により、給付型奨学金と入学金・授業料の減免額が決定します。

支援区分給付型奨学金(月額)入学金授業料(半期毎)

第Ⅰ区分(満額の支援)

自宅通学  29,200円

自宅外通学  66,700円

全額免除全額免除

第Ⅱ区分(2/3の支援)

自宅通学  19,500円

自宅外通学  44,500円

2/3免除2/3免除

第Ⅲ区分(1/3の支援)

自宅通学   9,800円

自宅外通学  22,300円

1/3免除1/3免除

各申請手続の詳細については、年度当初に開催する日本学生支援機構奨学金説明会のほか、学生用ポータルサイトで随時案内します。

 

3 日本学生支援機構(JASSO)奨学金

 

■奨学金の種類及び貸与月額

奨学金の種類貸与月額

第一種奨学金(無利子)


 

自宅通学者20,000円、30,000円、45,000円のいずれかを選択
自宅外通学者20,000円、30,000円、40,000円、51,000円のいずれかを選択

第二種奨学金(有利子)

20,000円~120,000円(10,000円刻み)の中から希望額を選択

 

■採用の種類及び応募手続等

採用の種類奨学金の種類応募者応募手続等
定期採用予約採用

第一種奨学金

第二種奨学金

入学の前年度に
採用候補者に内定した者
入学後に開催する説明会に出席し、
所定の手続きをしてください。
手続きをしない場合、辞退として処理されます。
在学採用

第一種奨学金

第二種奨学金

入学後及び在学中に
奨学金交付を希望する者
入学後に開催する説明会に出席し、
所定の手続きをしてください。
その他二緊急採用第一種奨学金主たる家計支持者の
失職・死亡・災害等による家計急変者
家計が急変した場合の緊急措置です。
事態発生時は、すぐに学務課に相談してください。
応募採用第二種奨学金

 

貸与期間

原則として採用の時期から卒業するまでの最短修業期間

※成績不振により留年した場合は停止又は廃止、また、休学した場合は休止
奨学金の振込方法毎月1回当月分を奨学生個人の銀行口座に振込み
休・退学等の異動届休学・退学等の異動が生じた場合は、異動の願出(届出)が必要
奨学金の返還卒業後月賦で返還

 

4 地方公共団体・民間奨学金

 

① 三条市奨学金

貸与額年額540,000円以内
貸与期間最短修業年限
金利無利子
申請資格三条市内に居住する世帯の子弟、ほかの制度(日本学生支援機構など)から同種の奨学金を受けていない方など
返済期間等卒業後1年据置後、10年以内に返還。返還免除制度あり
問合せ先

三条市教育委員会 小中一貫教育推進課 学事係

電話:0256-45-1112(直通)

 

② 新潟県奨学金

貸与額月額41,000円
貸与期間最短修業年限
金利無利子
申請資格新潟県内居住者の子弟。日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けていないことなど
返済期間等卒業後8か月据置後、15年以内に返還
問合せ先

新潟県教育庁 高等学校教育課 奨学金係

電話:025-280-5638(直通)

 

③ その他地方公共団体(保護者・学生の住所地)・民間奨学団体の奨学金

これらの奨学金には、大学を経由して募集するものと、奨学団体が直接募集するものがあります。大学に通知のあったものは、その都度ホームページ等で案内します。

 

※ 最新情報及び詳細については、各団体にご確認ください。

 

5 国の教育ローン

日本政策金融公庫が行う公的な融資制度で、大学等に入学・在学する方の保護者(主に生計を維持している方)で世帯の年間収入(所得)が一定以下の方が対象です。学生1人当たり350万円を上限とし、年中いつでも申し込みができます。

問合せ先:●教育ローンコールセンター ナビダイヤル 0570-008656

●新潟県内支店教育ローン相談係

       新潟支店:025-246-2012 / 高田支店:025-524-2340

       長岡支店:0258-36-4360 / 三条支店:0256-34-7511