学内で得られる工学やマネジメントに関する幅広い「知識」と「知識」を
学内で行うプロジェクト型学習や学外で行う産学連携実習等による経験を
通してつなぎ合わせることができるカリキュラムです。

PDFはこちら

PICK UP授業

工学

CADを用いた機構・設計に関する科目

機構・製図基礎:機械を構成する機構・要素部品の形状や特徴を学んだ後、図面の読み方や3次元形状を把握する能力を習得し、さらに3次元CADの操作方法を学びます。
設計製図演習Ⅰ:3次元CADの基本的な操作方法、設計方法、図面化などを簡単な機構ユニットを題材に習得します。
設計製図演習Ⅱ:3次元CADを用いた高度な設計方法や検証方法(シュミレーションなど)を学修し、仕様に基づく機構ユニットの設計が可能になる応用力を養います。

メカトロニクス演習

工作機械やロボット等における位置制御やモータ制御などを行うには、機械、電気、ソフトウェアの融合技術であるメカトロニクスの知識・技術が必須となります。モータの基礎的な制御手法を修得することを目的とし、マイクロコンピュータ(マイコン)とアクチュエータ(駆動機構・回路)を用いてモータの動作を制御する演習を行います。具体的には、マイコン制御、モータの駆動制御、センシング技術などの基礎的な演習を行うほか、リンク機構を利用した簡易なロボットアームの制御を通じて、位置決め制御やロボットの基礎的な仕組みを実践的に学びます。

地域産業を支える技術群に関する科目

金型産業技術論:燕三条地域のものづくりの競争力と持続力とともに金型産業における日本の優位性や技術的魅力等を地元企業経営者が講義します。
プラスチック産業技術論:成形方法、コスト分析、マーケットリサーチ、安全性などの要因分析を踏まえ、最適な樹脂材料の選択プロセスを企業における実例により学びます。
刃物製造技術論:刃物製造に必要な自由鍛造加工、研磨・研削加工、切削加工について、地場産業における刃物製造工程の実例に基づいて理解し、材料特性がプロダクトデザインに及ぼす影響を地元企業経営者から学びます。

マネジメント

経営学

 経営組織論:経営組織に関する基本的な概念と理論を理解するとともに、企業の直面する様々な組織上の問題について、経営組織に関する問題意識を持ち寄り、組織構造、意思決定、知識創造、リーダーシップ、ネットワークなどをキーワードとして多角的に考察する能力を身につけていきます。
経営戦略論:「事業戦略論」と「企業戦略論」の2つの柱からなり、それぞれの基礎を体系的に学びます。前者は、戦略的意思決定やいったん構築した競争上の優位性の持続について扱います。後者は、成長を目指す企業が「垂直統合」「多角化」「地理的拡大(特に国際化)」の成長軸に沿って行う企業戦略の策定・実行について扱います。

技術マネジメント論

 製造企業では、優れた技術を研究開発するだけでは収益につながりにくくなっています。技術マネジメントは、製造企業の技術や製品が持つ価値を戦略的・組織的なマネジメントにより収益化し、また、収益を安定化・最大化するためのものです。本科目では、技術マネジメントを体系的に学びます。まず、技術マネジメントによる製造企業での価値創造について、技術マネジメントの位置づけ、組織の能力と役割、製品の設計思想により学びます。つぎに、技術戦略とイノベーションについて、技術戦略の位置づけとプロセスから学びます。その後、組織構造とマネジメントについて、組織構造のデザインや組織プロセスのマネジメントについて学びます。

R&Dマネジメント

 プロジェクトマネージャとしてR&D(技術開発)を推進するために必要な知識、特に、企業のリソースや技術を効率よく管理・運用する知識を修得します。製品開発で想定されるリソース管理方法、生産管理、品質問題のリスク等を学ぶほか、具体的な事例の検討により、製品開発提案の一連をグループごとに行い、実践的なR&Dマネジメントを疑似的に経験します。これにより、市場と顧客、製品とサービス、提供方式の位置づけ、新たなアイデアの発想、スケジュール管理、リスクや契約の管理等の基本的事項について説明できるようになります。また、具体的な製品の開発提案を行い、講義で学んだ手法を基にしたR&D関係者との交渉能力の修得を目指します。

創造性

プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

 テーマに沿ったグループディスカッション、プレゼンテーションを通じて、論理的に思考する力、グループワークを円滑に進める技術、課題の発見力及び解決に向けた提案力などを養います。また、商品分析、企業分析など様々な分析手法を学び、多角的な視点から物事を分析する力を養います。

商品企画プロジェクト演習

 プロジェクト演習及び産学連携実習で修得した知識や能力、思考力を活用し、小グループで商品企画に取り組みます。企業で新製品やサービス開発に携わる立場で、売れる商品を企画するプロセスを学修します。新商品、サービス企画に必要なキーツールを実際に駆使することで、商品企画の一連について実践的に理解します。

プロトタイピング演習

 プロトタイピングは、デザイン、コンセプト、機能を具現化し検証する手法です。この演習では、実際の開発と同様の手法による構想設計及びデザインレビュー、制作、評価検証及びフィードバック等の一連の流れをグループで実習するほか、最適なプロトタイピングツールの活用手法を修得します。

カリキュラム

PDFはこちら

興味や目的に合わせた学び

PDFはこちら