三条市立大学

三条市立大学

研究

HOME > 研究

研究

研究領域研究室名研究内容
生産技術研究領域トライボロジー研究室機械の運転効率を上げるためには、しゅう動部分の摩擦を適宜コントロールすることが必要です。
この摩擦や摩擦をコントロールする技術に関する学問分野がトライボロジーです。本研究室では、
小型モータから大型の発電用タービンなどの産業用回転機械に用いられている基盤機械要素の軸受
やシール、人の健康的な生活をサポートする人工関節などを対象として、それらが長期間、効率よ
く安全に使用できる最適な設計を目指しています。
プロトタイピング研究室アイデアを具現化し、検証する手法としてプロトタイピングは産業界において認知されつつありま
す。しかし、様々なプロトタイピングの手法がある中で、目的ごとにどれが適しているかはまだ試
行錯誤中です。本研究室では従来のモールド、金属加工を用いた手法から、最新の3Dプリンター、
ボードコンピュータ、VRなどを用いた手法を深耕して最適解を求め、さらには新旧技術を融合する
ことで新たなプロトタイピング手法を創出することを目指します。
生産・創生研究室CAE、ニューラルネットワーク、AI、タグチメソッド、MTシステム、機能性新素材(ハイブリット
・コンポジット、オリジナルFRP)をベースに、画期的で極めてユニークな生産技術を開発・構築
し、次世代のイノベーティブなものづくり技術を創生します。
塑性加工技術研究室近年、多様な複合板材の複雑形状型抜加工が堅実に需要を伸ばしており、生産技術の基軸を担って
います。本研究室では、塑性加工と力学の知識を活かして、段ボール、板紙、樹脂膜等の成形性と
せん断加工特性について解析を行います。
機械発明学研究室現在「発明学」は研究分野としてまだ体系的に確立されたものではありません。その発明学は社会
変革につながる発明行為が政治や経済、文化や芸術等といかに健全な関係を持ち得るかを研究する、
科学技術社会論の理工学面からの新しいアプローチです。本研究室では振動工学、制御工学、医工
学を主なフィールドに数学モデル、数値シミュレーション、相似則に基づく模型実験、AI、統計
等の手法を用いて研究を進め発明学の構築を目指します。
生産工学研究室機械システムを構成する機械要素の設計・加工法や計測法を開発し、高精度・高性能化を図ること
を研究目標としています。特に、CAD・CAMを用いた設計・加工法を開発し、高速鉄道の動力伝達
用歯車装置や風力発電増速機などに展開するとともに、航空機用ジェットエンジンのタービンブレ
ードに用いられている耐熱合金材などの難削材料の切削加工に取り組んでいます。
デジタルデザイン研究室デジタル技術をものづくりの現場へ積極的に活用し,人とコンピュータが協調して使いやすく、安
全、精密な製品を作る新しい生産技術に関する研究を行います。
アドバンスド加工研究室本研究室では,ものづくりイノベーション実現のため、レーザ加工の応用技術である精密加工、表
面改質、金属積層造形を活用した先進加工プロセスの開発に関する研究を行います。ものづくり企
業との共同研究を軸に、他の大学や研究機関と連携しながら世の中の役に立つ技術の確立を目指し
ます。
新素材開発研究領域機能性薄膜研究室ディップ法による薄膜作製に挑戦し、材料の持つ機能の高性能化を目指します。これまで、コイン
に使われるほどの汎用材料である銅・亜鉛・錫の硫化物薄膜を作製し、世界で初めて太陽電池への
応用に成功した実績があります。これは、レアメタルフリー太陽電池として新たな研究領域を開く
こととなりました。ニューキャンパスで、フレッシュな学生諸君と共に、新規薄膜材料にチャレン
ジしていきます。
機能創生化学研究室本研究室では、限りない可能性を持つ化学の力でイノベーションを起こし、新しい機能を持った高
分子材料の合成法開発、特性評価,機能発現メカニズムを解明することによって、私たちの生活向
上に貢献する研究を行います。具体的には,高分子材料と環境にやさしい超微細な植物繊維のセル
ロースナノファイバー(CNF:髪の毛の1/10000の太さ)の組み合わせによる高機能化研究を計画し
ています。
無機機能材料研究室セラミックスを中心とした無機材料を研究対象とします。持続可能な社会に求められている省エネ
ルギー・低環境負荷化への貢献を目指して、廃熱を電気エネルギーに変換できる圧電・焦電材料や
熱電材料、また環境浄化に寄与する光触媒材料などの機能材料の開発を行います。また、セラミッ
クスと金属の複合材料の作製や高硬度セラミックスの表面コーティングによる機械的特性の向上に
ついても取り組みます。
機能性分子化学研究室新しい機能をもつ化学物質の開発に取り組みます。自然界に存在する有機化合物の構造を解析して
有益な性質を示す部分構造を明らかにし、その性質を持つ新しい機能性分子をつくる研究を行いま
す。研究成果を感光材や集積体の開発、医薬品の開発などにつなげて行きます。
流体工学研究室流動性のある柔らかい物質の総称をソフトマター(Soft matter)といい、例えば化粧品や食品、ク
リーム、ゲル、セメント、塗料、液晶、プラスチックなど世の中には様々なものが存在しています。
本研究室では、流体力学を基礎としてソフトマターにおける物質の流れ方(流動や変形)について
研究します。ソフトマターの流れ挙動は非常に複雑ですが、その流れ方を理解し、応用してあげる
ことで、軽い力でハンドスプレーから噴射でき、壁に張り付いて垂れてこないカビ取り剤や、肌な
じみの良い化粧品、塗りムラや飛散の少ないペンキなど付加価値の高い商品を生み出すことができ
ます。そのため、産業界からもソフトマターの流れに関する研究には大きな関心が寄せられています。
情報制御研究領域画像情報工学研究室近年、画像から情報を取り出し、人間の認識のサポートを行うアプリケーション が実用化されてき
ています。カメラ等で撮影された画像や各種医療機器等で撮影 された画像をコンピュータを使って
分析させる研究をします。
応用材料工学研究室炭素はいわゆる「すす」から「ダイヤモンド」あるいは「カーボンナノチューブ」といわれるナノ
材料に至るまで、同じ元素でありながら、その結晶性や結合状態が異なることで多様な物性を有し
ています。このような無機材料が広く社会にて使われる製品とするため本研究室では、高度な材料
分析技術の習得、物理化学を応用した無機材料の加工技術、および物性を正しく知るための評価技
術についての研究を行います。
感性情報学研究室様々な対象物に対するヒトの意識を調査研究対象とします。アンケート調査により意識の基本的統
計処理を実施し、それらの意識を深堀する目的でテキストマイニングを行います。顕在意識のみで
把握しきれない面について脳波計や心拍計など物理センサを活用し、その結果を照合して確度の高
い意識抽出を行います。ヒトの感性を把握することにより、変遷する社会環境に整合した商品開発
に資することを目指します。
医用生体工学研究室工学技術を医療分野へ応用し,より良い生活や医療を提供するための研究を行います。画像処理や
機械学習を基盤技術として取り入れながら、人に負担をかけない生体計測技術、医師に新しい診断
指標を提供する診断支援技術、医療者の負担を軽減する医療技術を開発します。
ICTエンジニアリング研究室工業機器(特殊作業車)や福祉機器(電動車いす)など、安全性を高めるためセンサを用いた知能
化の必要な機器がたくさんあります。センサを追加することで、今まで分からなかった事故や故障
の原因を数値情報に変換し(進化)、センサで得られた情報を装置に反映させることで安全性を高
める(深化)。そして、技術的進歩だけでなく製品としての価値に結び付ける(真価)について研
究していきます。
マネジメント工学研究領域経営管理研究室企業が厳しい競争環境で勝ち抜くためには、市場の需要に基づいて、企業の経営資源を活用し、適
正な指標によって、その成果を評価する必要があります。しかし、企業の異なる活動を測定して、
比較できる共通の尺度は会計情報のみです。本研究室では、企業の財務業績がどのように測定・評
価され、製品の価格やコストがどのように計算・管理されるべきかに関する理論と実務を考察しま
す。
経営工学研究室近年、AIやデータサイエンス等のソフトウェア技術が様々な産業に大きな変革をもたらしています。
今後は、日本の優れたものづくりの固有技術に加えて、これらのソフトウェア技術を活用して新た
な価値を生み出すことが求められます。本研究室では、ものづくり技術をベースに、どのようにソ
フトウェア技術を活用し新たなイノベーションを生み出すかを研究します。
技術マネジメント研究室顧客が性能や品質に満足して,技術は価値を生み出します。このため技術者には技術を価値に結び
つける技術マネジメント能力が必要です。本研究室では、企業の価値創造を支える,技術マネジメ
ント能力のある技術者の育成します。電子部品等の加工における加工メカニズム、加工の安定、加
工不良の解析などを研究し、技術のあり方を追求し、技術と経営の間にある課題を解決できる人材
づくりに貢献します。
アントレプレナーシップ研究室アントレプレナーシップとは、常にイノベーションを生み出して、変化の中に機会を発見し、事業
を成功させる行動体系です。本研究室では、自分自身を新しく発見したり、ビジネス・リーダー及
びビジネス・イノベーターとして、経営管理に関する最新の知識を身に付けたり、さらに、組織内
や地域の問題を発見して解決策を立案する能力を育てます。
マーケティング研究室例えば、外見がほとんど同じ書類カバンが、1万円(Zara)~40万円(Dior)します。ときに安い方
が機能的に勝っていたりします。実は消費者が買っているのは鞄そのものではないのです。本研究
室では、消費市場の背景にある消費者心理やメカニズムに目を向けていきます。21世紀においてモ
ノをつくるということは、機能だけではなく意味をつくり、伝え、使い手(消費者)も作り手(企業)
も豊かになって、社会に貢献していくべきと考えます。