三条市立大学

三条市立大学

金子 覚 教授

HOME > 研究 > 研究情報 > 教員情報 > 金子 覚 教授

金子 覚 教授

研究分野

トライボロジー、回転体の力学

学位

工学博士

経歴

電気通信大学卒業後、東京大学大学院に進学。1983年3月 同大学院博士課程修了、工学博士の学位を授与される。1983年4月から2019年3月まで、長岡技術科学大学で教育、研究に携わる(1983年 長岡技術科学大学助手、1989年 同助教授、2000年 同教授、1999年3月~2000年1月 米国ジョージア工科大学 文部省在外研究員)。2019年4月 長岡技術科学大学名誉教授の称号を授与される。2年間の充電期間を経て、2021年4月より現職。

外部機関の委員等

  • 教科用図書検定調査審議会 専門委員  文部科学省  2019年4月~
  • 北陸信越動的解析・設計研究会主査  日本機械学会 2016年4月~2019年3月
  • 学会理事 日本トライボロジー学会 2015年5月~2017年5月/2010年5月~2012年5月
  • トライボロジー会議2016秋 実行委員長 日本トライボロジー学会2014年7月~2016年11月
  • 科学研究費委員会専門委員 日本学術振興会 2005年1月~2006年12月
  • ASME(米国機械学会)学術誌 “Journal of Tribology”  Reviewer(校閲委員)1991年~

所属学会

日本機械学会、日本トライボロジー学会

受賞歴

  • 日本機械学会 日本機械学会賞奨励賞  1989年4月
  • 日本トライボロジー学会 2020年度日本トライボロジー学会功績賞 2021年4月

 

論文発表・掲載情報

論文

  • ” Experimental Investigation of Mechanism of Lubrication in Porous Journal Bearings: Part 1, Observation of Oil Flow in Porous Matrix”(多孔質ジャーナル軸受の潤滑機構に関する実験的研究:第1報,多孔質母材内の油の流れの観察),Trans. ASME Journal of Tribology, 1990, Vol.112, No.4, pp.618-623.(共著)
  • ” Rotor Vibration Due to Collision With Annular Guard During Passage Through Critical Speed”(危険速度通過時における振れ止めとの衝突によって引き起こされたロータの振動),Trans. ASME Journal of Vibration and Acoustics, 1998, Vol.120, No.2, pp.544-550.(共著)
  • ” Experimental Study on Static and Dynamic Characteristics of Annular Plain Seals With Porous Materials”(多孔質材料を用いた平滑環状シールの静および動特性に関する実験的研究),Trans. ASME Journal of Tribology, 1998, Vol.120, No.2, pp.165-172.(共著)
  • ” A Study on Squeeze Films Between Porous Rubber Surface and Rigid Surface: Analysis Based on Viscoelastic Continuum Model”(多孔質ゴム表面と剛体表面の間に形成されたスクイズ膜に関する研究:粘弾性連続体モデルに基づく解析),Trans. ASME Journal of Tribology, 2004, Vol.126, No.4, pp.719-727.(共著)
  • 『すべり摩擦時に発生するアコースティックエミッションに及ぼす極薄潤滑膜の影響』,日本機械学会論文集C編,2006,72巻,716号, pp.1243-1248.(共著)
  • 『狭いすきまを有する平行二平板間に形成された非対称液体架橋のせん断応力』,日本機械学会論文集C編,2009,75巻,756号, pp.2327-2334.(共著)
  • 『二平面間に形成された液体架橋のメニスカス力(厳密解と近似式との比較)』,日本機械学会論文集C編,2012,78巻,790号, pp.2169-2180.(共著)
  • ” Lubrication Characteristics of Electric Sliding Contacts Consisting of Rotating Circular Grooved Disk and Stationary Rider With Spherical Surface Under Lubricated Condition”(円周方向溝を有する回転ディスクと球面状しゅう動面を有する静止ライダの組み合わせから成る電気しゅう動接点の潤滑特性),Trans. ASME Journal of Tribology, 2016, Vol.138, No.1, pp.011705-1-9.(共著)
  • ” Static Characteristics of Journal Bearings with Square Dimples”(しゅう動面に四角穴を有するジャーナル軸受の静特性),Trans. ASME Journal of Tribology, 2017, Vol.139, No.5, pp.051703-1-11.(共著)
  • ” Numerical and Experimental Analyses of the Dynamic Characteristics of Journal Bearings with Square Dimples”(しゅう動面に四角穴を有するジャーナル軸受の動特性に関する理論的,実験的解析),Trans. ASME Journal of Tribology, 2018, Vol.140, No.1, pp.011703-1-13.(共著)
  • ” Numerical and Experimental Analyses of Dynamic Characteristics for Liquid Annular Seals with Helical Grooves in Seal Stator”(シールステータ内面にねじ溝を有する液膜環状シールの動特性に関する理論的,実験的解析),Trans. ASME Journal of Tribology, 2018, Vol.140, No.5, pp.052201-1-17.(共著)
  • ” Numerical and Experimental Analyses of Static and Dynamic Characteristics for Partially Helically-Grooved Liquid Annular Seals” (部分的なねじ溝付き液膜環状シールの静および動特性に関する理論的,実験的解析),Trans. ASME Journal of Tribology, 2019, Vol.141, No.2, pp.022201-1-12.(共著)
  • ”Frictional Characteristics and Electrical Conductivity of Electrical Sliding Contacts with Circular Grooved Porous Disk under Lubricated Conditions”(円周溝付き多孔質ディスクを用いた電気しゅう動接点の潤滑状態下における摩擦特性および通電特性),Trans. ASME Journal of Tribology, 2020, Vol.142, No.1, pp.011803-1-7.(共著)

著書・解説記事

  • 『トライボロジスト』,日本トライボロジー学会,1993年,38巻,9号,773-778.
  • 『NTN Technical Review』,NTN(株),1998年,67号,20-25.(共著)
  • 『トライボロジスト』,日本トライボロジー学会,1999年,44巻,1号,73‐75.
  • 『機械系のための力学』,朝倉書店,1999年,1-32.(共著)
  • 『日本機械学会論文集C編』,日本機械学会,1999年,67卷,660号,2402-2409.(共著)
  • 『はじめて学ぶ機械の安全設計』,日刊工業新聞社,2005年,101-115.(共著)
  • 『機械の研究』,養賢堂,2005年,57卷,4号,445-452.(共著)
  • 『エバラ時報』,(株)荏原製作所,2011年,232号,1-2.
  • 『月刊トライボロジー』,新樹社,2016年,346号,11
  • 『電業社機械』,(株)電業社機械製作所,2019年,43卷,1号,pp.1-4.

学会発表

  • ” Effect of Sliding Speed and Load on AE Characteristics”(アコースティックエミッションに及ぼすすべり速度と負荷荷重の影響), International Tribology Conference, Japanese Society of Tribologists,Hiroshima, 2011 November 2,共同(副担当)

  • 『溝付き球面軸受を用いた人工関節の潤滑特性』,日本機械学会北陸信越支部第50期総会・講演会,福井,2013年3月9日,共同(主担当)『四角穴付きジャーナル軸受における動特性の数値解析』, D&D2014 日本機械学会, 山口,2013年8月25日,共同(副担当)

  • ” Effect of Square-Dimple Size on Dynamic Characteristics of Textured Journal Bearings” (テクスチャー付きジャーナル軸受の動特性に及ぼす四角穴サイズの影響), Proceedings of the 9th IFToMM International Conference on Rotor Dynamics, Milano, Italy, Mechanisms and Machine Science 21, pp.883-893, 2014, September 22-25,共同(副担当)

  • ” Experimental Investigation on Lubrication Characteristics of Electric Sliding Contacts with Circular Grooved Disk and Spherical Surface Rider “(円周溝付きディスクと球面ライダからなる電気しゅう動接点の潤滑特性に関する実験的研究)(招待講演), The 6th Advanced Forum on Tribology, Chinese Tribology Institute, CMES & Japanese Society of Tribologists, Wuhan, China, 2015, April 18-20.

  • ”  Effect of Textured Area on Dynamic Characteristics of Journal Bearings with Square-Dimple” (四角穴付きジャーナル軸受の動特性に及ぼす穴領域の影響), International Tribology Conference, Japanese Society of Tribologists,Tokyo, 2015 September 16-20,共同(副担当)

  • ” Experimental Investigation on Dynamic Characteristics of Textured Journal Bearings With Square Dimples”(四角穴を設けたテクスチャージャーナル軸受の動特性に関する実験的研究), Eleventh International Conference on Vibration in Rotating Machinery, Manchester, IMechE. Paper, pp.389-396, 2016, September 14,共同(副担当)

  • ” Experimental Study on Static and Dynamic Characteristics of Helically Grooved Seals (Effects of Groove Dimensions)” (ねじ溝付き環状シールの静および動特性に関する実験的研究(溝寸法の影響),Eleventh International Conference on Vibration in Rotating Machinery, Manchester, IMechE. Paper, pp.659-667, 2016, September 14,共同(主担当)

  • ” Effect of Reynolds Number on the Static Characteristics of Fully Textured Journal Bearings”(しゅう動面全体にテクスチャーを設けたジャーナル軸受の静特性に及ぼすレイノルズ数の影響),Proceedings of the 6th World Tribology Congress, Beijing, China, WTC2017_id495479,2017, September 17-22,共同(副担当)

  • 『多孔質含油材料を用いた低電流用電気しゅう動接点のトライボロジー特性に及ぼす潤滑油酸化の影響』,日本機械学会2020年度年次大会,2020年9月16日,共同(副担当)

  • 『多孔質含油材料を用いた低電流用電気しゅう動接点のトライボロジー特性に及ぼす潤滑油中の酸化防止剤の影響』,日本機械学会2021年度年次大会,2021年9月5日,共同(副担当)

担当授業等

力学、力学・電気工学演習、機械力学、水力学、産学連携実習Ⅰ、産学連携実習Ⅱ、工学実験、流体力学、トライボロジー概論、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ

研究室

トライボロジー研究室

機械の運転効率を上げるためには、しゅう動部分の摩擦を適宜コントロールすることが必要です。この摩擦や摩擦をコントロールする技術に関する学問分野がトライボロジーです。本研究室では、小型モータから大型の発電用タービンなどの産業用回転機械に用いられている基盤機械要素の軸受やシール、人の健康的な生活をサポートする人工関節などを対象として、それらが長期間、効率よく安全に使用できる最適な設計を目指しています。

講演・セミナーほか

2021年7月 新潟県立長岡大手高等学校模擬講義 テーマ:「工学」とは

2021年7月 新潟県立国際情報高等学校出張講義 テーマ:生産技術研究領域

2021年9月 知的ものづくりセミナー講師 テーマ:すべるはなし