三条市立大学

三条市立大学

田辺 郁男 教授

HOME > 研究 > 研究情報 > 教員情報 > 田辺 郁男 教授

田辺 郁男 教授

研究分野

機械加工、工作機械、品質工学

学位

工学博士

経歴

富山工業高等専門学校助教授等を経て、長岡技術科学大学で工作機械に関する教育研究に幅広く携わる。
この間、リーズ大学客員研究員のほか、同大学において、工作センター長、知財副センター長、NTICテクノインキュベーションセンター長等を兼務。
2022年4月より現職。

外部機関の委員等

  • 日本機械学会RC288 高付加価値産業を創出する生産技術に関する研究分科会構成員、2020年から2年間
  • JICA 東ティモール・東ティモール国立大学工学部能力向上プロジェクト委員長 2020年4月1日~2021年3月31日
  • 一般社団法人日本工作機械工業会技術委員会 技術委員会標準化部会環境負荷調査専門委員会委員 2020年4月1日~2021年3月31日
  • 「創造的研究推進費」事業に係るプレゼン審査(新潟県)(2021年5月25日)
  • CIRP JOURNAL OF MACHINE ENGINEERING査読総括 2015年4月1日~平成2016年3月31日

 

所属学会

日本機械学会、精密工学会、生産文化学会

受賞歴

  • 新潟県知事表彰(技術賞)1986年11月
  • 工作機械技術振興賞(論文賞)1999年6月
  • 新潟日報文化賞(産業技術部門)2001年11月
  • Best Paper Award、 2nd World Congress on Civil、 Structural、 and Environmental Engineering 2017年4月
  • 454th International Conference on Science、 Engineering & Technology – ICSET 2019、Excellent Best Paper Award、2019年7月

 

論文発表・掲載情報

論文

  • 工作機械における湿式切削時の熱同期制御に関する研究(ニューラルネットワークの逆解法を用いたコントロール), 日本機械学会論文集,C編,83巻,851号, (2017), pp.1-13.(共著)
  • 実験計画法を用いた最適条件探索プログラムの開発, 日本機械学会論文集,C編,Vol. 84, No.862,(2018) pp.1-15.(共著)
  • Forced cooling technology of machine tool using strong alkaline water mist for saving energy and environmental safeguards(省エネと環境保全のめの強アルカリ水ミスト使った工作機械の強制冷却技術), WEENTECH Proceedings in Energy, vol. 5(1), (2019) pp. 86-95, https://doi.org/10.32438/WPE.06181(単著)
  • Analytical models for machine tool motion behavior assessment bench mark subjected to great earthquake(大地震時における工作機械挙動のモデル解析), J. of Safety and Security Eng., Vol. 9, No. 2 (2019), pp.121–136, WIT Press, www.witpress.com, ISSN: 2041-9031 (paper format), ISSN: 2041-904X (online), http://www.witpress.com/journals(共著)
  • 強アルカリ水ミスト強制冷却における最適制御技術の開発(最適仕様のノズル開発とそれの切削時の評価), 日本機械学会論文集,C編,  86, No.882, (2020), pp.1-13. No.18-00481[DOI: 10.1299/trans-jsme.18-00481] (共著)
  • DEVELOPMENT OF A NEW HIGH-PRESSURE COOLING SYSTEM FOR MACHINING OF DIFFICULUT-TO-MACHINE MATERIALS(難削材加工のための新強制冷却システムの開発), Journal of Machine Engineering, Vol. 20, No. 1, (2020), 82-97. ISSN 1895-7595 (Print) ISSN 2391-8071 (Online) (共著)
  • 微小構造物のためのMO(Material Optimization)技術の開発(査読付き), 日本機械学会論文集,C編,Vol. 86, No.886,(2020), pp.1-13.  20-00001 [DOI: 10.1299/transjsme.20-00001] (共著)
  • 低摩擦係数を有する切削油剤の開発とその供給方法, 日本機械学会論文集,C編,Vol. 86, No.886,(2020), pp.1-14.  19-00389 [DOI: 10.1299/transjsme.19-00389] (共著)
  • A STUDY ON EXTENDING TECHNOLOGIES LIFESPAN FOR THE ENVIRONMENT SAFETY(環境保全のための技術の長寿命化に関する研究), Journal of Machine Engineering, Vol. 21, No. 1, (2021),pp.109–120, ISSN 1895-7595 (Print) ISSN 2391-8071 (Online) (共著)
  • APPLICATION OF THE PENTAGONAL W-ECO MODEL FOR MANUFACTURING BASED ON “SDGs” (SDGsに基づくペンタゴナルW-ECOモデルの製造業への適用について), Journal of Machine Engineering, Vol.22, No.1, (2022) pp5–22, ISSN 1895-7595 (Print) ISSN 2391-8071 (Online)(単著)

著書

  • 機械作業を安全に(12が月連載),中央労働災害防止協会,安全衛生の広場,(2008)(単著)
  • 新素材創生ソフト「魁」,日本工業出版「プラスチック」誌,10月号複合材料の特集,(2015)(共著)
  • Development of Technology for Creating Composite Materials of Machine tool(工作機械ためのコンポジット材料創生技術の開発),IJAT Vol.9 No.6「工作機械構造とその設計最適化」小特集,富士技術出版株式会社,(2015)(共著)
  • 世界に1つだけの新素材を創生するソフトウエア「魁」,化学工業社,ケミカルエンジニアリング,2015  60, No.12,(2015)(単著)
  • 完全試作レスCAEシステムの開発,機械の研究, 69, No.4(4月号)(2015)(単著)
  • 要素・周辺技術から見た工作機械の進化, 機械と工具2020年2月号(単著)
  • 工作機械-環境評価-第1部:エネルギー効率の高い工作機械の設計手法,日本産業規格 JIS B0955-1:2020(ISO 14955-1:2017) (共著)
  • 新版 工作機械の設計学(基礎編),マザーマシン設計のための基礎知識,日本工作機械工業会,(2020)(共著)
  • 工作機械-環境評価-第2部:工作機械及びその構成要素に供給されるエネルギーの測定方法,日本産業規格 (2021)JIS B0955-2:2021 (ISO 14955-2:2018)(共著)
  • 工作機械-環境評価-第3部:金属切削工作機械のエネルギー効率に関する試験の原則,日本産業規格 (2022)JIS B0955-3:2022 (ISO 14955-3:2019)(共著)

学会発表

  • DEVELOPMENT OF MATERIAL OPTIMIZATION TECHNOLOGY FOR INNOVATION(イノベーションのための材料最適化技術の開発), The 2018 International Conference on High Performance and Optimum Design of Structures and Materials, スロベニア, リュブリャナ, 平成30年7月(2018), 共同(主担当)

  • Forced cooling technology of machine tool using mist of strong alkaline water for saving energy and environmental safeguards(省エネと環境保全のための強アルカリ水ミストを用いた工作機械の強制冷却技術), Global Conference on Energy and Sustainable Development 2018, イギリス, エジンバラ, 平成30年12月(2018) 共同(主担当)

  • DEVELOPMENT OF A HIGH-SPEED MIRROR-LIKE FINISH POLISHING TECHNOLOGY FOR MINUTE PARTS BASED ON A LINEAR MOTOR(リニアモータを用いた微細部品の高速鏡面ポリシング技術の開発), XXX Conference on Supervising and Diagnostics of Machining Systems, Karpacz, 10th – 14th March 2019, POLAND, ポーランド, カルパツ, 平成31年3月(2019) 共同(主担当)

  • DEVELOPMENT OF MATERIAL OPTIMIZATION TECHNOLOGY FOR SMALL STRUCTURES(微細構造物のための材料最適化技術の開発), 9th Inter. Conf. on Computational Method and Experimenta in Material and Contact Characterisation, 21-24 May 2019 Lisbon, Portugal, ポルトガル, リスボン, 令和元年5月(2019) 共同(主担当)

  • Multi-Dimensional Evaluation Analysis of Machine Tool Double-Eco Lubrication Technology for Environmental Conservation(環境保全のための工作機械Wエコ潤滑技術の多次元評価解析), Hong Kong ISCEAS (Onter. Scuentific Conf. on Engineering and Applied Sciences), 中華人民共和国香港特別行政区, 香港, 令和元年6月(2019) 共同(主担当)

  • Development of Cooling Fluid with Lower Friction Coefficient for Environmentally Friendly(環境保全のための低摩擦係数を有する切削媒体の開発), 454th International Conference on Science, Engineering & Technology – ICSET 2019, フィンランド, ヘルシンキ, 令和元年7月(2019) 共同(主担当)

  • Mirror-Like Surface of the Workpiece by Using Diamond and Polymer Slurry as a Polishing Agent (ポリシング加工にダイヤモンド砥粒とポリマのスラリを使用した工作物の鏡面加工), THE 10TH AUN/SEED-NET REGIONAL CONFERENCE ON MECHANICAL AND MANUFACTURING ENGINEERING“Mechanical and Manufacturing Mobilization for Industrial 4.0”,カンボジア,プノンペン, 令和元年11月(November 7-8, 2019)共同(主担当)

  • DEVELOPMENT OF A NEW HIGH-PRESSURE COOLING SYSTEM FOR MACHINING OF DIFFICULUT-TO-MACHINE MATERIALS(難削材加工のための新強制冷却システムの開発), XXXI CIRP Sponsored Conference on Supervising and Diagnostics of Machining Systems, Karpacz, 8th – 12th March 2019, POLAND, ポーランド, カルパツ, 令和2年3月8日~12日(2020), 共同(主担当)

  • RESEARCH ON OXIDATION PHENOMENON DURING TITANIUM MACHINING AND ITS PREVENTION(チタン加工の際の酸化現象とその対策), XXXI CIRP Sponsored Conference on Supervising and Diagnostics of Machining Systems, Karpacz, 8th – 12th March 2019, POLAND, ポーランド, カルパツ, 令和2年3月8日~12日(2020) 共同(主担当)

  • A STUDY ON EXTENDING TECHNOLOGIES LIFESPAN FOR THE ENVIRONMENT SAFETY(環境保全のための技術の長寿命化に関する研究), XXXII CIRP Sponsored Conference on Supervising and Diagnostics of Machining Systems, Karpacz, 30th June- 2nd July 2021, POLAND, ポーランド, カルパツ, Using WEB. 令和3年6月30日~7月2日(2021)共同(主担当)

担当授業等

燕三条リテラシ、特殊加工法、プロジェクト演習Ⅲ、プロジェクト演習Ⅳ、産学連携実習Ⅰ、産学連携実習Ⅱ、生産管理論、工学実験、CAE工学、品質管理論、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ

研究室

生産・創生研究室

CAE、ニューラルネットワーク、AI、タグチメソッド、MTシステム、機能性新素材(ハイブリット・コンポジット、オリジナルFRP)をベースに、画期的で極めてユニークな生産技術を開発・構築し、次世代のイノベーティブなものづくり技術を創生します。